闇金融・裏金融
コンテンツ
闇金融・裏金融について
日本の財政について
大赤字な日本財政

個人で借金という話はよく聞きますが、
現在の日本も莫大な借金を抱えています。
つまり、国が借金を抱えているという状態です。

現在の日本の財政は、大赤字です。

これからの日本はどうなっていくのか、
不安に思っている人も少なくありません。

連日、報道されている日本の財政状況ですが
やや上向きになってきたものの、
全体で見てみるとまだまだ回復していません。

砂時計

ここまで借金が膨らんでしまった要因としては、
税金等で得た国の収入(税収)に対して、
国の支出(歳出)の方が上回っている状況が
何年も続いているためです。

税収と歳出の差、その足りない分を
どう補っているのかというと、国債で補っています。

国債とは、国が発行している利子付きの債券です。
これを国民が買う事により、国は国民に借金をしている事になります。

2013年度の国債の発行額は5年ぶりにマイナスの予算が
見込まれていますが、それでも莫大な額となっています。

そのため、さらに借金が増えてしまっている、という
悪循環になってしまっています。

歳出の額が大きくなっている要因としては、
少子高齢化も関係しています。

年々高齢層が増えている高齢化、それにより
医療・年金・介護の分野の社会関係保障費も年々増えているのに対し、
税収を支える世代が減少していきているという少子化が合わさり、
歳出の方が増大していると言われています。

この財政状況は少子高齢化の影響もありしばらく続くと見られていますが、
少しずつ良くするための対策もとられています。

(C)2013. 闇金融・裏金融.All rights reserved.