闇金融・裏金融
コンテンツ
闇金融・裏金融について
日本の財政について
闇金融・裏金融の特徴

闇金融は、どういった人たちをターゲットにして、
どのような活動をしているのでしょうか。

まず闇金融は、登録していない業者が多く存在します。
登録している場合、登録番号が事務所に掲示されているはずですが
それもなく、事務所も存在しないというケースも多々あります。

闇金融が狙うターゲットは、お金が借りられない人です。

つまり、ブラックリストに載っていたり、
多重債務を抱えていたり、自己破産したり、債務整理中の人です。

この人たちは、一般の消費者金融からは
お金を借りられなくなっています。

それでもまだお金が必要で借りたい、という人に
法外な超高金利で貸すのが闇金融です。

お金がない男性

お金に困っている人にとっては、借りられる所が
救世主に思えるかもしれませんが、さらに債務が増える事になります。

そして、闇金融は審査がない場合が多いです。
チラシに独自審査と書いてあっても、実際には審査はありません。

超高金利での貸付ですが、出資法では年29.2%を超える
利息を取ってはいけない事になっています。
これは法律で決まっている事です。

しかし、出資法をはるかに超える金利で貸し出している実態があります。
もちろんこれは法律違反なので、罰せられる対象になります。

最初から違法な融資になるので、本来は返済しなくても良いはずですが
執拗な取り立て等で心身ともにダウンしてしまう人もいます。

もし個人的な都合でお金が借りられない状況の中で、
貸してくれる様な所があっても、安易にその話には乗らない事ですね。

(C)2013. 闇金融・裏金融.All rights reserved.